So-net無料ブログ作成
松本人志監督作品 ブログトップ

映画「さや侍」エンディング曲 [松本人志監督作品]

セレブ アメリカでNO.1 クレンズダイエットジュース

現在絶賛上映中の松本人志監督作品「さや侍」のエンディング曲、女を磨く


竹原ピストルの唄う「父から娘へ ~さや侍の手紙~」が7月6日にCD発売されることが決定しました。

松本監督作詩による同曲は、映画のクライマックスで流れ映画をご覧になった観客の皆さんからの音源化を望む声が多くきかれ、この度CD発売の運びとなりました。男を磨く


CD発売に先駆けて6月13日(月)21時よりさや侍公式携帯サイトより着うた配信も開始されます。



■7月6日発売

映画「さや侍」エンディング曲
「父から娘へ ~さや侍の手紙~」
・作詞:松本ピストル  作曲:竹原ピストル
・2011年7月6日発売    
・¥1,050 円(税込)/YRCN-90169
・収録曲  M1 父から娘へ ~さや侍の手紙~
      M2 父から娘へ ~さや侍の手紙~ Another Edition
・先行配信:6月13日(月) 21:00~ さや侍公式携帯サイトにて
竹原ピストル プロフィール
「さや侍」では竹原和生として坊主役で出演。

1976年 12月27日生まれ。千葉県出身。高校入学と同時に部活でボクシングを始め、大学時代には全日本選手権に二度出場。1999年 大学で知り合った濱埜宏哉(はまの・ひろちか)と弾き語りデュオ、野狐禅(やこぜん)を結成。

ボーカル、アコースティックギターを担当。音楽活動を開始する。2003年 メジャーデビュー。6枚のシングル、4枚のアルバムをリリース。

役者として、『青春☆金属バット』(06年/熊切和嘉監督)、『フリージア』(06年/熊切和嘉監督)、『海炭市叙景』(10年/熊切和嘉監督)などに出演。他にもイラスト詩集の発表や絵画展の開催など、活動は多岐に渡る。2009年 野狐禅を解散。ソロでの活動を開始。現在、年間約300本のペースでライブ活動を展開中

最新美容情報



リエンジェ ラブソープピンクエクスタシー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
松本人志監督作品 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。